Anaplan for commercial real estate

商業不動産バリューチェーン全体で意思決定と透明性を促進

商業不動産業界のリーダー達が未来を構想する場所。
詳細を見る >

コネクテッド プランニングの現状

1,000社以上の企業にアンケートを行い、各業界の先進企業がコネクテッド プランニングを通してどのように事業価値を向上させているかを探りました。

調査結果を見る >

商業不動産業界でのコネクテッド プランニング

投資に関して、機関投資家や個人投資家の提示する要件が複雑化する傾向にあります。透明性の高い計算に基づくより迅速なレポートが一層標準化してきています。また、情報チェーン内の人だけが知っている特殊なスクリプトやカスタムスプレッドシートを必要とする複雑なツールでは、もはや不十分な時代となりました。これとまったく対照的に、Anaplan のコネクテッド プランニング プラットフォームでは、ユーザーがプロセスを掌握し、適切なデータを獲得し、商業不動産のバリューチェーン全体での意思決定を実現するうえで不可欠となる計画を作成していくことができます。

0 %
の資産管理会社がデジタルテクノロジー面を優先しながら収益の増大に注力
0 %
の資産管理企業トップが、IT による業務効率の向上を目指している
0 %
のみの資産管理企業が顧客別の収益性の測定を効果的に行っていると考えている

CRE の新たな現実

オンラインショッピングの利便性を選好する方向へと、消費者行動は着実に変化しています。この変化は、ショッピングセンターでの賃貸/リースの在り方や、倉庫保管という新たな需要への投資状況に直接的な影響を与えています。オムニチャネル全体での販売需要を確認したうえでポートフォリオの調整を行うことで、将来的な事業成功を決定的なものとすることができます。 

つい昨日発生したことが既にあなたの不動産事業に影響を及ぼしている— コネクテッド プランニングの力は、今日を管理して明日に備えることにあります。市場の状況は常に、それまで以上のスピードで絶え間なく変化していきます。このような変化を考慮してそれに向けた計画を立てることが、プラスのキャッシュフローや、マージンの増加、迅速なレポートを実現するカギとなります。既に起こったことに思い悩まずに、今後起こり得ることに対して準備を整えましょう。

CRE の未来: 今後を見据えた分析

Anaplan のダイナミックなコネクテッド プランニング機能なら、御社のチームがこれまでに遭遇していた頭痛の種を排除して、より意味のある分析を実行することができるようになります。ポートフォリオの実績を把握し、来たるマクロ経済の潮流がマージンへ及ぼす影響について「What-if」分析が実行すること — これらは迅速に行わなければなりません。チームには、コラボレーションを基盤にしたボトムアップ・トップダウンの計画サイクルを実践してもらうことで、社員が共有された企業インテリジェンスから得られるものもより多くなります。
Anaplan なら、意思決定面において社内外の利害関係者に透明性を提供することで、考え抜かれた、本当の意味での「インテリジェントな」分析を実行し、四半期および年次の業績目標を達成することが可能になります。
エンタープライズ財務計画

商業不動産 (CRE) 業界の注目のソリューション

取引評価と取引分析

  • 契約管理
  • パイプラインの最適化
  • Sales forecasting

ライフサイクル分析

  • ポートフォリオと資産の管理
  • 計画、予算、予測
  • 開発計画
アローチャート

価値評価と予測

  • 価値評価
  • デット/エクイティ計画
  • 資産パフォーマンス
上昇するドル

投資家広報とレポート

  • REIT レポート
  • 税務および監査
  • 資産レポート

コネクテッド プランニングの特徴

ダイナミック

リースから資産、ポートフォリオまで、正確なプランを容易かつ動的に立案します

コラボレーティブ

リース業者や、資産管理者、ポートフォリオマネージャーから学んだことをもとにチームとのより良いコラボレーション計画を作成しましょう

インテリジェント

適応しながら成長を続ける方法についてよりインテリジェントな意思決定を下せるように、資産データとポートフォリオデータから「What-if」分析を実施してさらなるインサイトを獲得。

お客様の声

「Anaplanは不要な『ノイズ』の排除に役立ちます。以前では不可能だったレベルの精細さでライブアップデートを取得できるようになりました。」

- John Story氏
Story Homes社、土地評価担当マネージャー

「Anaplan 導入以前は、ビジネスコントローラーからの報告内容が正確であるかどうかを、多大な時間をかけて確認していました。今ではその時間を、関連性のある質問や、ビジネス機会の特定、マネージメントへのレポートの価値向上などに充てることができるようになりました。」

- Riksbyggen、ファイナンス部門シニアディレクター

「当社では Anaplan をレポート目的で活用しています。以前は何日もかかっていたレポートパッケージの作成を素早く行えるようになりました。」

- Alfonso Martinez氏
Starwood Waypoint Homes社、ファイナンスマネージャー