財務部門主導型の統合事業計画立案で企業の成長を推進

成長をもたらす財務部門主導型の統合事業計画立案に向けた3つのステップ

現在のビジネス環境の変化に遅れずに対応できるかどうかが、財務部門の経常的な試練になっています。そのためには、計画立案が部門同士の境界線をまたぐことで、経営層が市場の変化に応じて共同で再調整できる継続的なプロセスとしなくてはいけません。

企業は、テクノロジーを用いて企業全体にまたがる人、データ、プロセスをつなぐことで、旧来型の財務計画と分析による異種の売上や業務計画を合理化しなくてはなりません。

このレポートでは、財務部門主導型の統合事業計画立案に移行するための3つのステップを紹介します。

  • 成長を加速できる測定基準および解析ツールに焦点を当てる
  • 継続的な予測に向けたビジネスユーザーのコラボレーションを高める
  • 統合事業計画立案を企業全体のイニシアティブとして扱う
ダウンロード


Share this with your network