Anaplanに入社したきっかけは?
Anaplanのコネクテッド プランニング プラットフォームが市場で希少な存在であり、最も影響力のある企業のバイヤーたちからカテゴリーを定義するSaaSプラットフォームとして認められていることは、最初から明らかでした。
このプラットフォームを拡張し、カスタマー バリューを向上させるために世界クラスのエンジニアリング組織を推進する機会を得たことで、Anaplanが目指すべき場所になったのです。

Anaplanで働くことのやりがいは?
間違いなく、コラボレーションの精神でエンジニアリングの課題に身を投じてくれる、あらゆるレベルのAチーム メンバーです。彼らはAnaplanの中心であり、魂であり、私がここで働くことを愛する理由です。

これまでに受けたキャリアに関するアドバイスの中で、最も良かったものは?
謙虚であること、一緒に働くすべての人に肯定的な意図を持つこと、そしてサーバント リーダーの考えを体現することです。

子供の頃、大人になったら何をしたいと考えていた?
戦闘機を操縦すること。私はいつも飛行機、特に戦闘機に魅了されてきました。空高く飛ぶワシを連想させるのです。

余暇には何をするのが好き?
余暇というと楽天的かもしれませんが、妻と3人の娘との大切な時間は何にも代えがたいものです。自分自身の精神的な充電には、ノートPCでコーディングするのが一番です。

今、夢中になって見ているものは?
スポーツ全般好きですが、ホッケーのシーズンになると、地元トロント・メープル リーフスの試合から私を引き離すことはほぼ不可能です!

好きな本は?
大好きな作家の一人、チャールズ・ディケンズ(Charles Dickens)氏の「A Tale of Two Cities」。時代を超えて愛される小説です。