Gary Spiegel, taller man standing wearing a button down dress shirt

Gary Spiegel は、Anaplan の法律顧問上級バイス プレジデント (SVP) 兼コーポレート セクレタリーとして、全世界の法務およびコンプライアンス部門を率いています。Anaplan に入社して当社初の社内法律顧問となる前は、Adobe 社、MySQL 社、Sun Microsystems 社、Oracle 社、LiveOps 社といったテクノロジー企業の法務部で数々の役職を歴任し、製品開発、商取引、プライバシー及びデータ保護、企業間取引など、さまざまな分野で助言を行っていました。Gary の法律家としてのキャリアは、ミネアポリス連邦準備銀行でスタートしています。

Gary は、クレアモント マッケナ大学で政治学および経済学の学士号を取得し、ミネソタ大学法律大学院で法務博士号を取得しました。

Anaplan への入社を決めた理由は?
前職の同僚が創設期の Anaplan に転職したのです。数ヶ月後に連絡を取り合い、Anaplan が初の社内法律顧問を必要としていることを知りました。あとはご存じのとおりです。

Anaplan の仕事で最もやりがいを感じるのは?
私は Anaplan 初の社内法律顧問として仕事を始めたのですが、会社全体、特に法務チームの成長と影響力に驚いています。このような素晴らしい同僚たちと毎日一緒に仕事ができることを嬉しく思っています。

これまでに受けたキャリアに関するアドバイスで最も良かったものは?
学ぶことを止めてはいけない!

在宅で仕事をする上で一番大変なことは?
自宅とオフィスが同じ場所にある状況で、就業日と家族との時間の区切りをつけることです。

子どもの頃の将来の夢は?
エンジニアリングに興味がありましたが、私のスキルはソフト サイエンス向きでした。

余暇の過ごし方は?
ギターを弾いたり、家族とハイキングに行ったりしています。

在宅時間に一気見している番組などは?
『マンダロリアン』は最高でした。もっとエピソードが多ければいいのにと思います。

愛読書は?
Yuval Noah Harari の『サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福』です。