シンガポールを拠点とするマーク・ミーカレフ(Mark Micallef)は、アジア太平洋地域におけるAnaplan ビジネスのSVP兼マネージングディレクターとして、セールスおよびチャネル開発、チーム拡大、そして急成長する地域の全体目標の加速に焦点を当てています。IT業界で28年以上の経験を持ち、技術、営業、管理部門にまたがって様々な地域のリーダー的役割を担ってきたマーク・ミーカレフは、東南アジアやオーストラリア、ニュージーランド、日本、中国、インド、韓国でビジネスを成長・拡大させる、アジアでの豊富な経験を得てきました。

Anaplan入社以前は、データ管理ソフトウェア会社であるCloudera社のアジア太平洋地域および日本担当バイス プレジデントとして勤務していました。Cloudera社では社内で最も高い業績を上げている事業の1つである、積極的な成長戦略をリード。また、IPO、Hortonworks社との合併、2021年の民営化までの重要なマイル ストーンにおいて、APAC地域のCloudera社の全体的な戦略を主導しました。Cloudera社以前はCitrix社およびTrend Micro社で上級職を務め、アジアやオーストラリア、ニュージーランドにおける両社の成長に貢献しました。

Anaplanに入社したきっかけは?
私たちがお客様のために解決しているビジネス上の問題の種類と、それを解決するためにクラウドとSaaSを採用する手段だからです。

Anaplanで働くことのやりがいは?
チーム スピリットとカルチャーです。

これまでに受けたキャリアに関するアドバイスの中で、最も良かったものは?
話すことよりも聞く、ということ。自身の利益よりもチームの利益を優先することです。

在宅勤務で一番大変なことは?
静かすぎることです!

余暇には何をするのが好き?
武道とフライ フィッシングです。

今、夢中になって見ているものは?
「Ozark and Cobra Kai」です。

好きな本は?
カラム・ロバーツ(Callum Roberts)氏の「The Ocean of Life: The Fate of Man and the Sea」です。