Rohit, bald male wearing button down dress shirt

Rohit Shrivastava は製品および UX 担当上級バイス プレジデントです。Anaplan の製品管理、ユーザー エクスペリエンス、製品マーケティング、価格設定、オペレーションを含むグローバル製品部門を率いるとともに、Anaplan プラットフォームの戦略、ロードマップ及び製品 GTM の推進を担当しています。Anaplan の前は Amazon 社で数年間勤務し、Amazon Consumers、Amazon Devices、及びAmazon Web Services で主導的役割を担っていました。Rohit は、“Key by Amazon” プラットフォームの基礎を築くとともに、その他多くの主要な取り組みを指揮しました。

その前は 14 年以上 Cisco 社で勤務し、分析事業部の GM など、高度な製品担当のリーダーや管理者の役割を歴任しています。

Rohit は、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で MBA を、インド工科大学ボンベイ校でコンピューター サイエンスとエンジニアリングの理学士号を取得しました。

Anaplan への入社を決めた理由は?
Anaplan で得られるユニークな機会に惹かれました。企業全体のデータ、社員、プロセスを結びつけ、コネクテッド プランニングと意思決定を可能にするプラットフォームを確立し、この会社を成長させたいと思いました。

Anaplan の仕事で最もやりがいを感じるのは?
お客様を第一に考える会社の一員として、すばらしい同僚たちと協力して Anaplan のプラットフォームやビジネスを構築/拡張しながら、革新的な製品機能やソリューションでお客様に喜んでいただくことです。

これまでに受けたキャリアに関するアドバイスで最も良かったものは?
真の違いを生み出せる役割をいつまでも追求しなさい。夢を大きく持ち、リスクをいとわず、必要とされる限りそこにとどまり、責任を持って徹底的に成果を追求し、自分らしいインパクトを生み出せ。

在宅で仕事をする上で一番大変なことは?
同僚やチーム メンバーに会えなくなり、職場の重要な要素である人と人のつながりがなくなり寂しく思っています。また、職場と家庭が一緒になってしまったので、その二つをきちんと分けるのが難しいです。

子どもの頃の将来の夢は?
子どもの頃は、しょっちゅう夢が変わっていたと思いますが、かなり長い間、自分のリンゴ園を持つ農園主になりたいと思っていました。その夢を追う意欲がまだあるのかどうか…

余暇の過ごし方は?
ヨガ、裏庭のガーデニング、読書、旅行 (残念ながら、長いこと中断しています) を楽しんでいます。

在宅時間に一気見している番組などは?
Apple TV+ で『サーヴァント ターナー家の子守』のシーズン 1 を見終わったところです。ミステリー、歴史もの、SF が好きです。

愛読書は?
Amitav Ghosh の『Ibis』3 部作です。素晴らしい歴史小説ですよ。