Workforce

業績に正しい影響を与えるため人員計画とオペレーション計画を適切に連携。

戦略的
人員計画

ヘッドカウン
ト・
コスト計画

従業員
キャパシティ計

後継者計画

コンペンセー
ション
及び株式報酬計画

タレント計画

組織モデリン

及び展開

コールセンター含む人員最適化

新人研修
計画

人事部門とビジネスリーダー達は共同で、ビジネスゴール達成のために求められるスキルを特定し、成長させ、会社に定着させなくてはならない。

Anaplanは人事、財務及び事業計画を連携し、業績向上に求められる人材ニーズを最適化。

事業計画もしくは戦術的な計画と長期的なスキル要件を合致させ、変化に反応するのではなく、変化に影響を与える。

表計算シートやビジネスプランと連携しない人事システムを用いていては、変化するチームやスキルに対するニーズにキャッチアップし続けることは不可能。

Anaplanのスマートプランニングにより、常に変化にキャッチアップし、人材リソースを最適化し続けることが可能となる。

それがスマートビジネスです。

Timeline_Vertical

人事部門とビジネスリーダー達は共同で、ビジネスゴール達成のために求められるスキルを特定し、成長させ、会社に定着させなくてはならない。

Anaplanは人事、財務及び事業の計画を連携し、業績向上に求められる人材ニーズを最適化。

事業計画もしくは戦術的な計画と長期的なスキル要件を合致させ、変化に反応するのではなく、変化に影響を与える。

表計算シートやビジネスプランと連携しない人事システムを用いていては、変化するチームやスキルに対するニーズにキャッチアップし続けることは不可能。

Anaplanのスマートプランニングにより、常に変化にキャッチアップし、人材リソースを最適化し続けることが可能となる。

それがスマートビジネスです。

お客様事例

Anaplanを活用しHRビジネスオペレーションと従業員人員計画を強化したTableau

事例動画はこちら play-button

Anaplan人事ソリューション

Workforce Planning

現在および将来のビジネスニーズに応えるために総合的な重合イン人員計画を作成。

Learn more

Headcount and Cost Planning

財務部門、人事部門及び事業部門がヘッドカウント計画を作成、予測し、実績を管理-シングルプラットフォーム上で。

Learn more

Resource Capacity Planning for Professional Services

最新の営業やサービスフォーキャスト及び予算をもとに、リアルタイムでリソース計画を作成、最適化。

Learn more

Succession Planning

ビジネス上のイニシアチブを完遂可能なスキル要件を特定し、社内リソースを検索し、新規採用もしくは内部昇格かの意思決定を支援。

Learn more

Compensation and Equity Planning

事業部門の管理職から財務部門及び株式管理担当まで、社内ステークホルダーとコラボレートし、ドライバや成果を調整。

Learn more

Workforce Optimization

予想される需要や顧客との契約内容を上回るために労働者レベルを最適化すると共に労働コストを最小化。

Learn more

Call Center Planning

スタッフレベルを需要に見合うよう最適化し、高品質の顧客経験を実現。コールセンター向けに設計しているが、他の順番待ちが発生するようなシナリオであれば適用可能。

Learn more

Project Planning

サマリレベルでプロジェクトやポートフォリオデータを確認し、プロジェクトスコープやリソースアベイラビリティ、リソース分析を含むタスクレベルまでドリルダウンしプロジェクトを管理可能。

Learn more

Onboarding Planning

新規採用のトレーニングを計画・管理し、戦力化までの時間を短縮。また、新規採用が成功に向けた最短距離を辿れるよう支援。

Learn more

人事アプリはこちら

人事領域の代表的なお客様

HRCustomer_PandoraHRCustomer_AramarkHRCustomer_TelusHRCustomer_LacosteHRCustomer_Tableau


Gartnerは2016年のハイプサイクルにおける従業員人員計画の台頭の例としてAnaplanに言及

Anaplanが従業員人員計画ソリューションベンダーの例として次のように言及されました。「より効率的に、またより効果的に組織設計の管理や従業員人員最適化を実現するためのツール活用の価値に注目が集まるにつれ、またシミュレーションやモデリングのためのテクノロジーがより進化するにつれ、従業員人員計画・モデリングテクノロジーの採用がより顕著になるでしょう。」

詳細はこちら