Anaplan For Information Technology

企業全体における俊敏な IT 計画立案とプロジェクトの遂行を促進

コネクテッド プランニングの現状

1,000人以上の計画立案担当者からインサイト

コネクテッド プランニング for IT

計画を進めるうえで、IT 部門の責任者たちには、優先度の高いプロジェクトに影響を及ぼすことなく技術的イノベーションのパワーを最大限に発揮できる基本的なプラットフォームが必要になります。どんなソースからのデータをも統合し、非常に詳細なレベルでデータを分析、処理し、その結果を現実的な計画と意思決定という形でつなぎ合わせることのできるプラットフォームが必要です。このようなシステムは、安全、柔軟、拡張性があり、先進的、そして継続利用が可能である必要があります。
Anaplan for IT は、ビジネス ユーザーが IT 計画や財務計画、経営計画、そして事業計画を連携させるためのプラットフォームです。一般的なERP計画ソリューション以上の機能を提供します。Anaplan プラットフォームなら、コーラボレーション可能な適合性の高い IT 計画が可能になります。数字の集約にかかる時間が縮小され、将来的な検討事項により多くの時間をかけることができるようになります。1つのコネクテッド プランニング プラットフォームが、複数の表計算シートやポイント ソリューションに取って代わるので、データの集約や簡素化、ガバナンス管理が可能になります。
エンタープライズ財務計画

コネクテッド プランニングの特徴

ダイナミック

ビジネス ユーザーを動的にデータや計画へとつなげ、プロジェクト計画の業績管理スコアカード作成などで、レスポンス時間を早く、柔軟にします。

コラボレーティブ

IT ユーザーは共同の計画やデータを通して業務部門とのコラボレーションが可能になるため、機能面でのニーズを簡単に管理、監視、維持することができます。

インテリジェント

予測分析機能により、自己学習型の洞察力に優れた計画が立案されるので、 IT ユーザーは複雑な問題においても正確な意思決定を行うことができ、What-If シナリオを構築していくことが可能になります。