Anaplan for R&D and Innovation Planning

Anaplan の R&Dおよびイノベーション計画ソフトウェアを選ぶ理由

確実な利益創出を後押し
プログラム全体のみならず、プロセス過程の機能やコンポーネントに費用が紐付けられており、費用分類が容易。形の見えにくいブランド イメージやブランド価値と同様に、形ある収益創出を促進。

データ主導型の意思決定を実現
現在のカテゴリー別、あるいは全く新しい独自のカテゴリー別など、新たな方法でデータを分析。適切なデータポイントに基づき、関連付けられた意思決定が実現します。

一段上の費用管理を実践
一般的な「様子見」のスタンスではなく、リアルタイムかつ任意の間隔で進捗を管理し、進捗過程での調整を管理することができます。アクセルを踏むべき場所(追加投資)とブレーキを踏むべきタイミング(費用削減、方向転換や事業売却)などを含め、タイムラインを把握することが可能です。

主な課題と Anaplan の解決方法

主な課題 Anaplan の解決方法
さまざまなレベル(企業の戦略的取り組み対ポートフォリオ型プロジェクト対単独部門)を横断する費用配分の把握が困難である 戦略的優先事項と収益可能性を費用を合致させ、現実的な費用の全体像を把握する
持続的成長と競争上の利点の推進力となる要因の正確な追跡が困難である 利用可能な量的・質的データをあらゆるソースから統合し、インテリジェントな意思決定を推進するデータを確保する
適切なリソース(資金と人材)の最適な協業が実現しているかを全社レベルで見渡すことが困難である 個々の施策やポートフォリオ全体のデータすべてが意思決定に反映されるよう、経営層から現場まで見渡す可視性と優先順位付けを実現する
社内プロジェクト間や外部の競合他社間のベンチマーク設定が不充分なため、支出の評価が困難である 研究開発/イノベーションのライフサイクル全体を通してデータ、人材、計画を調整する