スコープ3のバリューチェーン分析は、ネットゼロの移行で威力を発揮する

Anaplan Japan Marketing

調和の取れたパフォーマンスを実現するビジネス モデル プラットフォーム

本記事は、弊社のパートナーである Point B 社が、Anaplan 上に構築した、企業のサステナビリティ プログラムの分析と計画を支援するソリューションに関する記事です。

※この投稿はAnaplan blog に投稿された「The power of Scope 3 value chain analytics in the net-zero transition」を機械翻訳したものです。

2050年までに地球温暖化を1.5℃に抑える必要性を強調する科学的知見により、ネットゼロ移行は2030年までに年間900万ドルを超える世界市場を創出する可能性があります。また、企業の気候変動対策、消費者心理の変化、最近の米国証券取引委員会(SEC)による気候変動開示に関する規則案のようなルールも考慮しなければならない。

特に、この SEC 規則案は、上場企業が気候シナリオの立案とスコープ 3 の温室効果ガス (GHG) 排出を企業戦略に統合することに火をつけるものである。この一世一代の市場機会を捉え、パリ協定の目的を達成するために、組織はオペレーションや直接管理を超えて、グローバルなバリューチェーン全体に対応するソリューションに投資する必要があります。

企業のバリューチェーンは、スコープ3のGHG排出量によって特徴付けられ、GHG排出量の90%を占めることもある(消費財・小売企業では95%以上となることもある)。 スコープ3には、上流で購入した商品やサービス(例えば、サプライチェーン)、下流で販売した商品の使用や処分、その他多くのカテゴリーが含まれます。各カテゴリーには、潜在的な二酸化炭素削減と価値創造の機会があります。

企業が直接管理できる範囲であるスコープ1および2のGHG排出量の分析は、ほとんどの企業にとって比較的容易です。しかし、スコープ3のデータおよび分析ソリューションはまだ初期段階にあります。また、スコープ3の注目すべき点は、低資源地域の環境、社会、公衆衛生の課題に取り組む有意義な機会であり、世界的に並行して取り組むことができます。このような状況において、スコープ3削減のための限界的な炭素削減コスト、歩留まり、実現可能性を、より迅速かつ確実に定量化できることは、大きなメリットとなります。

企業はスコープ3分析を活用することで、以下のことが可能になります。

  • 製品・サービスイノベーションの検討
  • 新しい低炭素ビジネスモデルの開発・検証
  • 使用サイクルを通じてサプライヤーやステークホルダーを巻き込む
  • コストなどの無駄を省き、サプライチェーンリスクを軽減する
  • システム変革の取り組みへの信頼性向上

多くの組織が今後数十年の間にネットゼロの変革に何十億ドルも投資することになりますが、スコープ3のバリューチェーンは新たな価値創造の唯一最大の源泉となり得ます。しかし、ほとんどの企業は、これをシームレスに実現するための適切なデータ、テクノロジー、システム、ツール、および能力を欠いています。組織は、上流で「真実の確認」を行い、下流でサプライヤー、物流、カテゴリー、材料に影響を与える決定を行うためのスコープ3データを提供する、クラウドベースでモバイル対応の技術ソリューションを必要としています。

Anaplan は、異種データを統合して日々の意思決定に役立てることが容易であるため、スコープ 3 バリューチェーン分析をサポートするプラットフォームとして理想的です。Point B社のスコープ3バリューチェーン分析ソリューションは、グローバルなバリューチェーン全体の詳細な分析とシナリオ・モデリングを行い、ネットゼロ目標に向けた行動を加速させる新たな経路を決定します。このソリューションでは、サプライチェーン、消費者、財務、業務上の考慮事項の中でGHG削減の影響を分析する統合計画を通じて、スコープ3の排出量を戦略的な機会領域として取り込むことが可能です。

Point B社のスコープ3バリューチェーン分析ソリューションは、ネットゼロの変革によって生まれる世代を超えた価値創造の機会を取り込むのに役立つということです。

Point B社のESGソリューションの詳細はこちらをご覧ください。