先見性に優れたビジネスはスマートです。チャンスにおいて早く、そして速く行動できます。機敏で柔軟でコラボレーティブで、そのオペレーションはリアルタイムです。AnaplanのSmart Business Platform™はこれを実現するために必要な5つの要件である、「汎用・多用途」、「スケール」、「コネクテッド」、「先見・洞察」、「セルフサービス」を備えています。

HPLogo

「Anaplanは皆さんが持つどのようなプロセスもカバーできます。もし扱うべき数字があれば、Anaplanは正しいツールと言えますし、できることに限りはありません。」

– HP社 セールスコンペンセーション統括 Yves Cabanac氏

Platform

Anaplan App Hub

お客様やパートナー企業はAnaplan App Hubで、最先端のアプリを構築し、共有し、展開することが可能です。幅広いビジネス分野や業界、組織に所属するエキスパートが集結したApp Hubで、自社の複雑な課題を解決するためのアプリを検索し、ワンクリックで展開し、カスタマイズすることができます。独自のアプリを簡単に構築し、他者と共有することも可能です。

Hyperblock: 新しいクラウドベースのインメモリアーキテクチャ

数千ユーザがアクセスする1000億を超えるセルをハンドリングできるスケーラブルなインメモリ・テクノロジを提供できるのはAnaplanだけです。Anaplanが開発し、特許を取得したユニークでパワフルなインメモリのJavaベースのプランニング・エンジンであるHyperblock™ テクノロジーは、リアルタイムでの分析・モデル変更・計画調整を可能とします。

Hyperblock
ModelMap

モデリング・イノベーション

Anaplanのモデリングだけが意思決定プロセスを正しく表すことができます。Anaplanのお客様は自社のモデリングを組み込んだ独自のアプリを構築したり、Anaplan App Hubに公開されているアプリをカスタマイズしたりすることが可能です。このセルフサービス・モデリングの柔軟性はビジネスユーザによる受け入れを容易にし、ビジネスルールや予測分析を活用した意思決定の自動化を推進します。

ユーザ・エクスペリエンス

Anaplanのユーザ・エクスペリエンスを特徴づけるのは、そのリアルタイム性です。計画やモデルに対するあらゆる変更はリアルタイムに反映されます。これが、計画の変更反映や関連する計算結果を数分間もしくは数時間待つという、伝統的なプロセスを破壊しました。また、イノベーティブなモデル・マップも重要です。モデル・マップではモデル間の繋がりが可視化され、変更が与える影響を把握することが可能です。

UserExperience
汎用・多用途

汎用的・多用途的であることで、Anaplanはあらゆるビジネス・プロセスをモデリングすることを実現しています。App Hub上に120以上あるアプリは幅広いビジネス・プロセス、例えば営業パフォーマンス最適化から財務予算・フォーキャスティングやコールセンター・オペレーションまで適用することが可能です。アプリ構築にコーディングは必要ありません。

予測分析

セールス、財務、サプライチェーン、その他の業務に適用可能な予測分析の一連の手法を提供しています。

誰もがプランニングパワーをその手に

組織内のあらゆるレベルの人々が単一のリアルタイム・プラットフォーム上で効率的に脅威や機会を特定し、評価し、対応することが可能となります。

ビジネスユーザによるビジネスユーザのためのアプリ

あらゆるプランニング・ニーズを満たすことができる単一でリアルタイムのプラットフォーム上で、自社ビジネスに合わせて設定したアプリを素早くロールアウトできるほか、標準アプリをワンクリックで入手することも可能です。

単一のクラウド環境

Anaplanは全てのユーザに対して、アップグレードが自動化されSLAが保証された単一のクラウド環境を提供します。数種類の環境があるレガシーのプランニング・ツールとは異なります。

リアルタイム・ビュー

計画に変更が生じた際に、組織全体に渡って、直ちに現在の計画と以前の計画、KPIやゴールを比較することが可能です。

組織横断でのWhat-If分析

オン・ザ・フライで分析シナリオを作成し、組織全体がシナリオ上でコラボレートすることで最適解を見つけることを可能とします。

共通言語への翻訳

異なる計画が含む異なる用語、例えば計上、売上、着手、損益、容積配合、流通、生産、在庫、等を統合し、比較可能な言葉に翻訳することが可能です。

データ統合のシンプル化

データ統合が必要な場合、ハブ・アンド・スポークモデルを活用することで、マスタデータやトランザクションデータを、計画プロセスを横断して共有することができます。また、セルフサービスのデータ統合インターフェイスや構築済みコネクタも利用できます。

最も効果的な階層でのプランニング

あらゆるビジネスの階層で簡単にプランニングし、仮説を立て、詳細なプランニングモデルを構築可能です。構築したモデルはビジネスの現状に即し、繰り返し発展させることが可能です。

部門横断の連携

単一でリアルタイムで組織横断型の環境において、意思決定内容について素早くコミュニケートし、計画を組織全体で調整することで、脅威や機会に即応することが可能です。

リアルタイム・コラボレーション

組織全体で透明性高い意思決定をリアルタイムで行うために、あらゆる事業部門が計画や仮説を提案し、変更することを可能とします。

セキュアなクラウドプラットフォーム

単一でセキュアなプランニング・プラットフォームでシャドウITを防ぎつつ、ビジネスの柔軟性やコラボレーション、オーナーシップを高めます。Excelをメールに添付する形でのコラボレーションや、ビジネス部門がセキュリティに問題があるデータベースを保有する現状を改め、法律や規制、標準に準拠することをサポートします。