S&OP を活用してサプライチェーン プランニングを最適化する 3 つの方法

AUTHOR

Bedford Consulting

Anaplan Partner

Includes the required client libraries.

サプライチェーン計画のアジリティを高めるために必要な主要指標と外部データを活用

絶えず変動する消費者需要、継続するビジネスの混乱、不安定さを増す原材料価格に際し、コネクテッド プランニングの必要性は急速に高まっています。営業/オペレーション計画 (S&OP) は、より効果的なサプライチェーン管理を可能にし、利益を維持しながらお客様が必要とするものを提供することに組織のリソースを集中させます。

ここでは、消費者の需要を満たしつつ、組織の財務目標を達成し、同時にその他の優先事項をサポートするために、サプライチェーン計画を改善する 3 つの方法を紹介します。
 

1. 高度な分析で S&OP プロセスを最適化

プランニングは、以前からサプライチェーンのトピックの 1 つになっています。しかし、デジタル分析や高度な分析によって、販売 (プロモーションを含む)、生産、サプライチェーンなどの業務部門間で、複雑なトレードオフを行えるようになりました。

統合ビジネス管理ツールとして、S&OP を活用することで、販売、マーケティング、需要管理、生産、在庫管理、新製品の導入や製品の段階的廃止、代替品への置換など、重要なサプライ チェーン ドライバーに重点的に取り組むことができます。

計画ツールを使用することで、ビジネス リーダーは、より緊密なコラボレーションとデータに基づく意思決定をサポートするデータから傾向とパターンを特定できます。しかし、本当の意味で成功するには、リーダーと意思決定者は、プロジェクト、プロモーション、製品発売、段階的廃止間の相互依存関係を認識し、対処する必要があります。

これには、複数のソースからデータを統合し、知識豊富なチームの専門的な知見 (ビジネス インテリジェンスなど) を適用して、さまざまなシナリオで最良の結果が得られるように計画することが含まれます。成熟した S&OP 組織は、高度な分析ツールを活用して、シナリオとそれらがビジネスに与える影響をリアルタイムで計算しています。
 

2. 外部データを取り入れて需要フォーキャストを改善

需要を明確に理解しなければ、企業は注文に応えたり、安定供給を維持したりすることができません。しかし、正確な需要管理と言うのは簡単でも、実行は困難です。正確なフォーキャストを立てるには、多くの場合、膨大な量のデータを分析しなければなりません。過去の売上、今後の製品発売、マーケティング プロモーション、その他あらゆる販売データを基に、将来の需要を予測する必要があります。

需要パターンは週ごと、月ごと、年ごとに大きく変化する可能性があるため、前年の事象のみに基づいて当年の計画を立てるのは失敗のもとと言えます。

変化のペースに合わせると、競争力を維持するためには、以前は 1 年または四半期ごとに行っていたプランニングやフォーキャストのプロセスをより頻繁に行う必要があります。たとえば、Demand Sensing を使うと、頻繁にフォーキャストを受け取れます (1日 1 回など)。これにより、小売業者が精度を改善できるだけでなく、短期的な供給の不均衡を特定し、ダイナミックな変化により迅速に対応できます。

リアルタイムの、連携された単一のビューで需要を把握することで、混乱が発生した際に迅速に対応し、収益を正確に予測できます。リーダーや意思決定者は、顧客やチャネルの実際の需要を予測するために、POS データや天候予測、さらに携帯電話の位置情報など、外部のデータ セットを取り入れる必要があります。

リーダーは、長期計画や S&OP を念頭に、消費者インサイト、外部データ、自社の顧客データを組み合わせることで、郵便番号に基づく消費、チャネル ミックス、さらに製品需要についても変化をより適切に予測して、供給体制を整えることができます。

このような機械学習に裏打ちされた高度なデータ分析と迅速なデリバリー メカニズムの組み合わせは、消費者自身が気づく前に消費者の欲求を予測し、満たせるようになるのです。対照的に、後手に回っている企業は、フォーキャストの精度の指標を無視し、外部データから得られるインサイトを取り逃しており、将来のプランニング スキルを高める機会を逃すことになります。
 

3. 重要指標で供給計画を裏付け

サプライチェーン管理は、きめ細かく絶妙にバランスを取るものであるというのは控えめな表現です。複数の事業部門、社内の関係者、外部のベンダー間の関係によって、サプライチェーン管理は一層複雑さを増しています。

そして、多くの組織では、混乱が続いていることから、供給計画が最重点領域となっているのです。供給プランナーは、慎重に需要フォーキャストを読み解き、物流、財務、オペレーション、製造と協力して、予測された需要を満たすためのロードマップを作成する必要があります。

企業は過剰在庫を蓄積することで供給上の制約に対応することがありますが、それは収益性を高めるための戦略としては最適ではありません。供給計画を合理化し、需要との整合性を高めることで、企業は運転資本を最大限に生かし、価値を最大化する在庫関連の意思決定を行えます。

継続的な供給の課題には、収益、利益率、サービス レベル、パフォーマンス ペナルティ、顧客への影響など、リスクと機会の両方を総合的に評価すること、さらに、それらを測定する能力があることが必要です。

KPI は、強みと非効率の特定と分析、データに基づく意思決定を可能にします。受注率、倉庫保管コスト、売上高在庫比率、在庫回転率、サイクル タイムなどの指標を含める必要があります。サプライチェーン リーダーに対しては、パフォーマンスを定量化するための具体的なパラメータを確立することをお勧めします。

真の顧客主義では、顧客満足度と顧客維持率の数値を重視します。そのためには、損益に最も大きく影響する完全注文達成率 (つまり、予定どおりに正しい商品が納品された注文の割合) の追跡に、特に注意を払う必要があります。

しかし最終的には、概要レベルのラフなキャパシティ計画から、ミクロ レベルの個々の生産/物流スケジュールまで、あらゆるレベルのデータを精査する必要があります。

本コンテンツは当初 bedfordconsulting.com に掲載されたものです。

リアルタイムのシグナルと洞察に富んだフォーキャストで S&OP を推進し、強みと改善の機会を特定します。