Anaplan for Operational Planning

財務計画と運用計画を連携

計画立案の変革を推進する

財務計画と運用計画を連携させることにより、会社全体の業績を効果的に推進することができます。Anaplan for Operational Planningは、複数組織にまたがる意思決定を今までにないレベルへ引き上げ、営業、マーケティング、人事、IT やサプライ チェーンの各部門の計画を財務部門とつなげることで、企業収益の向上、利益率の改善、リスクへの対処、さらに質の高い顧客サービスの提供の実現に寄与します。

売上予測と連携した需要計画、事業経費予測と連携したコール センター計画、資本支出計画から設備投資計画といった、財務および運用計画を連携させることで、戦略を実践へとつなげ、レスポンス タイムを短縮します。

強力な分析、柔軟なモデル構築能力と「What-if」シナリオで、組織横断型の意志決定が財務面と運用面に及ぼす影響の把握が可能になります。全社的なコラボレーションとあらゆる事業の確度を高めます。

顧客、チャネルや製品をモデル化し、より強固な事業の提携を支援。費用管理と収益性を最大化した成長へ

トップダウン型の財務モデルとボトムアップ型の運用計画を連携

データ集計に要する時間を低減し、事業に関する分析、助言や連携に時間を割り当てる

運用計画の活用事例

人員計画

  • 最も貴重な資産である人材を採用・支援し、効果的に配置
  • 人員と報酬に関する意思決定を自動化し、効率化
  • 人事関連の判断を企業の目標と戦略に沿ったものに

利益計画

  • 財務計画を運営上のドライバーとなる要因と連携
  • 売上原価 (COGS)を動的に計算
  • 利益を予測し管理する

売上予測

  • 統計アルゴリズムを、外部データセットを含む履歴データに適用させることで、タイムリーで信頼できる利益予測を作成
  • 利益予測と各施策の影響を組み合わせることで、予測を更新
  • ドライバーベースのローリング予測を実現
  • 売上予測を構成し、収益予測に自動反映

施設管理

  • 現在の人員と将来の人員予測や国別の法的要件に基づいて、世界中のオフィスの計画、最適化、管理を実施しましょう。
  • グローバル施設管理担当者は人事部門や財務部門と共にキャパシティ問題を解決できるようになります。
  • 詳細をつぶさに精査し、施設、拠点、プロジェクト、バージョンや部門(コストセンター)を通した計画と予測を実現します

活用事例の詳細を見る >

R&Dおよびイノベーション計画

  • プログラム全体のみならず、プロセス過程の機能やコンポーネントに費用が紐付けられており、費用分類が容易。
  • 現在のカテゴリー別、あるいは全く新しい独自のカテゴリー別など、新たな方法でデータを分析。
  • 一般的な「様子見」のスタンスではなく、リアルタイムかつ任意の間隔で進捗を管理し、進捗過程での調整を管理することができます。

活用事例の詳細を見る >

「ビジネスを進化させる上で効果的な計画の立案と、予測を立てる能力の強化は必要不可欠です。」

- Sam Fergus氏、
- Tarmac、ロジスティクス部門シニア マネージャー

事例を読む

「Anaplanが唯一の事実を提供します。あらゆる側面からすべてを見通すことが可能になります。」

- Alyson Lougheed氏
TELUS、営業報酬部門マネージャー

全てのストーリーを読む

「従業員が必要なデータに簡単にアクセスできるため、余分な作業に時間を費やす必要がなくなりました。製品の営業という本来の業務に集中できるようになりました。」

- Karen Han 氏
Zillow Group、営業財務部シニア マネージャー

事例を読む